SSブログ

落とし物 [思い出]

1-DSC_9298.JPG

 誰にも子供の頃の思い出したくない嫌な思い出があるものだと思います。私にもいくつかあります。年を取っていくと、嫌な思い出、悪い思い出は次第に薄れ、良い思い出楽しい思い出だけが残って行くと聞きますが、それでも消えない汚点のような思い出があります。

 小学四年生の頃だったと思います。何が不満だったのか、そのはけ口にいじめをしたことがあります。今から思っても、子供の頃の私は根の暗い嫌な子供でした。

 それは子供のちょっとしたいたずら程度だったのかも知れませんが、受けた相手はどうだったかわかりません。出来れば自分の記憶の中から消してしまいたい恥ずかしい思い出です。

1-DSC_9223.JPG

 今日はその話では無く反対にいじめられた話です。加害者より被害者の方が書きやすいですね。私は自覚する限り、いじめに参加したり受けたりした記憶はほとんど無いのですが、私にとって小学3.4年というのはそういう時期だったのかも知れません。

 小学3・4年生の頃だったと思います。ちょうど今頃の寒い時期でした。前日かその日雪が降ったのか、校庭や校舎に雪が残っていました。いつもの仲間たちとふざけあいながら下校の途中でした。

 私が何かガキ大将の気に入らないことを言ったのでしょうか。はっきりとした原因は覚えていないのですが、突然私が標的にされて仲間たちからいっせいに雪玉を投げつけられたのです。

 投げ返して一緒にふざければ良かったのに、自分が標的にされたことがショックだったのだと思います。必死で逃げました。脇目も降らず一目散に走って逃げました。

 その時、私は首に巻いていた青い色をしたマフラーを落としてしまったようです。全体が深い紺色で、緑や黄色、茶色の細い線がチェックに入ったお気に入りのマフラーでした。

 いじめはその日だけで、後を引くことはありませんでした。母に私がマフラーをしていないことを見とがめられましたが、ことの経緯をそのまま話したくなかったので、単にどこかで落としたとだけ答えました。

1-DSC_9423.JPG

 数日たったある日のこと、講堂(当時は体育館ではなくそう呼びました)へ行くと、「落とし物」と書かれた札と一緒に私の青いマフラーがステージ横の壁に吊されていました。

 私をいじめた連中が拾って私に返すのが罰が悪くて落とし物として届けたのか、それとも誰かが拾ってくれたのか、そこに吊したのは先生だと思います。

 一瞬、マフラーが戻ってくる、母に見つかったと言えると思いました。しかし、私は引き取りに行きませんでした。

 いつまでもそこに掛かったままになっているので、誰かがあれはおまえのでは無いかと教えてくれましたが、私は首を振りました。講堂に行くたびにそのマフラーが気になりましたが、私はかたくなに取りに行きませんでした。

 あれはもう失ったものと心に決めていたからなのか、或いはいじめられた記憶と繋がるマフラーを取りに行くことに抵抗があったのか、単に恥ずかしかったからだけなのか、なぜ取りに行かなかったのか自分でもわかりません。

 いつまでも吊されたままだったマフラーはそのうち「落とし物」の札と一緒にそこから無くなりました。私はほっとすると同時に、これでもうあのマフラーは戻ってこないんだと思いました。

1-DSC_9289.JPG




 Pの項目もそろそろ終わりに近づいてきたようです。今日はPhil Woods(フィル・ウッズ)です。メロディアスなソロを吹くアルトサックス奏者です。このアルバムは、新宿のジャズ喫茶『DIG』に籠もっていたとき掛かって印象的に覚えています。曲はPhil Talks With Quillです。 



nice!(47) 
共通テーマ:学校

nice! 47