SSブログ

花のあとさき [自然]

 新型コロナウイルスの勢いは止まらず、とうとう日本全体に緊急事態宣言が発せられてしまいました。自粛の毎日は不便で息の詰まる思いですが、罹患したり人に感染させることを思えば耐えられる気もします。

 わたしは、仕事以外は普段から畑や田んぼ、たまに山に行って鳥などの写真を撮って遊ぶ、後は部屋でテレビを見たり、音楽を聞いたり、本を読んだりする生活ですからもともと自粛しているようなものです。


 一日中雨が降り続いた翌朝は休みでしたが、畑仕事をするには地面が濡れていて適しません。お天気は良かったので畑仕事は午後に回すことにして、朝のうちカメラを持っていつもの裏山に行ってきました。

1-DSC_4122.JPG 裏山までの道のり、草刈り対象の休耕地が道の両脇に広がっています。これはカラスノエンドウです。こうして写真で撮ってアップする分には悪くない野花ですが、草刈り時には絡みついてやっかいなことこの上ない雑草のひとつとなります。

1-DSC_4130.JPG 日あたりの良い休耕地では、タンポポが一面に地面に広がっていました。多くのタンポポは茎が見えないほど地面這いつくばって咲いているのですが、このタンポポは珍しく茎が長いです。

1-DSC_4115.JPG シャガです。竹藪の際、日当たりの良いところで咲いていました。もう少し薄暗い所で咲く花の印象でした。

1-DSC_4100.JPG
氏神様の参道にある古い灯籠

1-DSC_4098.JPG
この日は幼稚園の入園式でした。でも新学期はこの日だけで翌日から休園です。

1-DSC_3770.JPG
幼稚園の周りのコブシやハクモクレンはもう散っていました。イチョウが朝日の中で芽吹いていました。

1-DSC_3795.JPG

1-DSC_3772.JPG
 
1-DSC_3799.JPG

1-DSC_3778.JPG
普段は水の流れがほとんどない天井川です。この日は前日の雨ですこしだけ川らしく見えます。

1-DSC_3811.JPG
盛りをとっくに済ませた桜並木の下を歩きます。

1-DSC_3826.JPG
桜並木から少しはずれたところにある一本桜、枝が目立つようになって少し淋しい姿です。去年は満開の時に撮ったような気がします。

 川下まで流れが届いていません。川底に降りて向こう岸に渡り堤を歩きました。こちらは木々に覆われた森が広がっています。

1-DSC_3857.JPG

1-DSC_3844.JPG

1-DSC_3864.JPG

1-DSC_3876.JPG
森が開けて青空が気持ち良いです。これはなんの木でしょうか。

1-DSC_3878.JPG
ヤマザクラですね。

1-DSC_3921.JPG
上流まで来ました。ここはメタセコイヤが普段は目立つのですが、この時期に来ると桜が多い事に気づきます。

1-DSC_4034.JPG
花が散って残った萼にメジロが嘴を突っ込んで蜜を吸っています。

1-DSC_4070.JPG

1-DSC_3970.JPG 
 気になることがあって、久し振りに林道を上がってみました。

1-DSC_3948.JPG
上り坂の途中、若い葉に朝日が当たって金色に光っていました。しかし、わたしの技術ではその輝きを表現しきれなかったようです。

1-DSC_3952.JPG
ショウジョウバカマ、まだ咲いているかと思って上がってきました。わずかに数輪だけ残っていましたね。

1-DSC_3989.JPG
再び麓に降りて、わずかに残っているハクモクレンです。

1-DSC_3978.JPG

1-DSC_4107.JPG
帰り道、氏神様の足下にある小学校、校庭に生徒の姿はありません。校舎の窓にも人影がありません。無人の校庭にチャイムだけが空しく鳴っていました。



 今夜のMMel Torme(メル・トーメ)です。あまり聞かないのですが甘い歌声ですね。曲はララバイ・オブ・バードランドです。



nice!(44)  コメント(28) 

花曇り [日々]

1-DSC_3701.JPG

 新型コロナウイルスに翻弄されている日本と世界、憂鬱な毎日ですが桜はいつも通り咲きました。

1-DSC_3698.JPG
 我が家の桜もほぼ満開です。今年の一月でしたか、枝葉がお隣の家まで浸食しているので、庭屋さんに選定してもらいました。

 散髪してもらってすっきりしましたが、さすがに花の時期になると去年までの賑わいはありません。またもとの状態に戻るまでどれくらいかかるのでしょうか。

1-DSC_3706.JPG

 このところずっと雨や曇り空の日が続いていました。そのせいか今年の桜、満開が近づいて来てもなんとなくわびしく見えたのですが、今日やっと晴れ間が出ました。

 晴れて日の光を浴びると桜の花びらが輝きを取り戻します。その間だけ、心の憂さも晴れる気がします。

1-DSC_3704.JPG

 桜の満開の時期が近づいてもなんとなく空しく思えたのは、天気のせいばかりではなく勢いを増している新型コロナウイルスのせいかもしれません。いちばん恐れていた状態に近づきつつあるようです。

 高齢者だけでなく若い人や、小学生、零歳児まで感染が広がっています。先日、志村けんさんが亡くなりました。梨田元監督も重症だそうです。

 今は元気でもひょっとしたらもう罹患しているかも知れないとか、いつどこで罹患するかわからないと言う見えない敵におびえます。

 感染することで自分の生命が脅かされるかも知れません。また感染することで職場や家族に迷惑をかけてしまいます。もし自分が感染していたらと思うと、気軽に孫たちと接することに躊躇が生まれます。


1-DSC_3716.JPG

 樹齢ほぼ80年ほどの我が家の桜、樹皮が苔で覆われています。桜の木にとってはあまり良くないことだと聞きました。調べるとそのせいで枯れることはないが、病害虫の温床になりやすいそうです。

1-DSC_3727.JPG


1-DSC_3731.JPG
 下から見上げても、枝が少なくて今年の桜、やはり淋しいですね。

1-DSC_3735.JPG

 晴れていた空も少し霞んでいて、午後には曇りに転じていきました。夜はまた、新型コロナウイルスのニュースです。少しずつ輪が縮まり狭まっていくような不安を覚えます。




 今夜のMMorgana King(モーガナ・キング)です。あまり知らない歌手ですが、映画「ゴッドファーザー」に出演していたそうです。曲は「007カジノロワイヤル」のテーマ曲、The Look of Loveです。



nice!(45)  コメント(18)