SSブログ

ワクチン接種(1回目) [日々]

1-DSC_0602.JPG

 近畿地方は3週間も早い梅雨入り、その直後は梅雨らしい雨に見舞われましたが、ここ数日は晴天が続いています。おかげで畑のタマネギも無事収穫することが出来ました。

 今日は予約していた新型コロナワクチン接種日なのでお休みをもらっていました。朝から良いお天気、予約時間は午後なので、その前に一カ所草刈をしておきたいと思っていました。

 接種後は激しい運動は控えるように書かれていますが接種前は何も指示がありません。ただ、体調は整えていった方が良さそうです。どうしようか少し迷いました。

 結局少しだけ草刈をしたものの、機械の調子が悪く途中で帰ってきました。その後は無理をせず接種予約時間までおとなしくしていることにしました。

 実は昨夜何気なくテレビを点けたら宮根誠司の番組でワクチン接種後の死亡者の情報を流していました。85名でしたか。高齢者や基礎疾患のある方が多かったですが、私と同じ年齢の方や、もっと若い20代の方などもおられたと思います。

 明日接種を控えているというのに嫌な情報を見てしまったと思いました。その2.3日前のNHKの番組では山中伸弥教授が、画期的なワクチンなので是非接種されるように説いておられました。
1-DSC_0645-001.JPG

 いずれにしても行く前はほんの少し緊張感はありました。1時半頃家を出て、車で20分ほどの病院へ向かいました。少し早く到着、時間まで待つのかと思ったらそのまま前の人に続いて案内され検温、消毒をして受付に誘導されました。

 受付ではかかりつけ医院はどこか聞かれたり、お薬手帳をお持ちですかと言われたときは驚きました。問診表と接種券、身分証明できるものは持って行くように書かれていましたが、お薬手帳のことは書かれていた記憶がありません。

 無事受付を済ませて、待合の長椅子で待たされました。私より先に受け付けを済ませた高齢者が数人待っていましたが、思ったより早く名前が呼ばれました。

 行く前はどちらの腕に注射してもらおうかと迷っていたのですが、会場では利き腕でない方を指定されました。いろいろ質問したり指示したりして世話を焼いてくれる看護士さんは年配の女性でしたが、注射を打つ方は若い女性看護士さんでした。

 注射を打つ前と薬を注入する前に声をかけてくれますが、針が刺さるときにチクリと刺激があるだけでした。注射跡をもまないこと、風呂に入っても良いと言うことでした。

1-DSC_0635.JPG

 注射を済ませると待合の奥にある長椅子で15分待機です。退屈な時間、ついスマホを取り出してしまいます。お隣の長椅子では高齢の女性が知り合いとお喋りをしていました。

 その話し方が、母の姉たちの話し方とよく似ていました。その病院のある所は伯母たちが住んでいた近くだったのでよけいそう感じたのかも知れません。皆もう亡くなってしまって、あの世でこのコロナ騒ぎのことをどう思っているでしょう。

 スマホの記事をあちこち巡っている間、これと言った副反応はなく、15分の待機時間は過ぎました。すでにワクチン接種1回目を済まされた方によると、翌日に倦怠感があるそうです。念のため、明日もワクチン接種休暇を取っています。

 2回目の予約も3週間後の同じ病院、同じ時間に取ることが出来ました。2回目の接種の方が副反応が出やすいそうで少し心配です。

 夜になってから、注射を打ったあたりがちょっと皮膚が突っ張り、しこりのような物を感じます。体調その他は異常なさそうです。


1-DSC_0657-001.JPG


 今夜のRもまたジャズピアニストになります。Ray Bryant(レイ・ブライアント)です。彼のアルバムではAlone at Montreuxが有名ですが、その前からこのアルバムCON ALMAを聞いていました。穏やかで温かみを感じるピアノです。



nice!(48)  コメント(28) 

このごろのこと [日々]

1-DSC_0800.JPG

 今年も無事トマト、ナス、キュウリ、スイカ、カボチャ、オクラ、トウガラシ、ピーマン、サツマイモなどの苗を植え、インゲン、トウモロコシの種を蒔くことが出来ました。

 何事もそうですが、植え付け作業に至るまでの準備の時がいちばん気が急かれまた骨が折れます。今年はとくに雨が多く、畝作りを植え付け予定のゴールデンウィーク1,2週間前には済ませておきたかったので焦りました。

1-DSC_8223.JPG

 実を言うと、4月の中頃に「良性発作性頭位めまい症」が再発しました。今度は以前より軽くかつ病名も知っていたのでこの間のようなことはなかったのですが、それでも職場や家族に迷惑をかけてしまいました。

 一応病院へ行きましたが、対応する薬は無いと言うことで、頓服とめまい体操のチラシをもらって帰ってきました。じっとしているより動いた方が良いと言われましたが、さすがに激しいめまいの時は動けませんし、動くと気分が悪くなります。

 本当は1日の休みで十分だったのですが、職場が休みを多めに取ってくれました。ちょうどお天気が続いていたので、この休みを利用して遅れていた畑の畝作りを済ませることが出来ました。

 それにしても年齢ですね。いろいろな症状が出て来るようになってきました。今月初めには左目に妙な影が映るようになりました。自分で調べると飛蚊症というもののようです。

 目の中に虫が飛んでいるような、糸くずのようなものがちらついて見えます。とくに明るいところ、白い物の前で目立ちます。運転中は前方が明るいのでけっこう気になりますね。

 さっそく眼科に行って調べてもらいました。丁寧に眼球の模型まで出して何故そうなるかを説明していただきました。しかし、これもまた付ける薬は無いと言うことでした。いちばん気にしていた糖尿病からの出血ではないと言うことで大事には至らずひと安心、飛蚊症は慣れるよりしかたなさそうです。

1-DSC_8237.JPG

 いつまでも元気でいるつもりでいても、加齢や70年の使い痛みは出てきますね。とくにこの一年は衰えのようなものを感じるようになってきました。

 これから夏場に向かって田舎は忙しくなってきます。この夏で定年になるのですが、ここへ来て職場からは一年の延長を言われています。どうしようか目下思案中です。

 世間ではいろいろと騒ぎになっている新型コロナウィルスのワクチン接種、私の年齢(70歳から75歳)は、来週にも接種券が送られてくると言う市のアナウンスがありました。


1-DSC_8224.JPG


 ジャズメンの名前のイニシャルで流すYouTubeのコーナーです。Pの種が尽きたので次はQなのですがQの名前が思いつきません。で、ひとつ飛ばして今回からRに行くことにします。Rは多そうです。

 まず最初は、Red Garland(レッド・ガーランド)です。彼は1950年代、マイルス・デイヴィスのクインテットなどで活躍しました。こだわりのない快適なピアノが魅力です。曲はアルバムGroovy(ジャケットが秀逸です)からC Jam Bluesです。 


nice!(49)  コメント(33)