SSブログ

雪景色 [日々]

1-DSC_4124.JPG

 ちょうど一週間前の金曜日、当地にも久しぶりの積雪がありました。去年の暮れから今年にかけて雪の情報が何度もあったのですが、何故か当地は雪がちらつくことはあっても積雪には至りませんでした。

 去年も一昨年も積雪はほとんどなかったので3.4年振りではないかと思います。前日1日中ちらついていた雪が、夕方から夜にかけて積もったようです。

 積もったと言っても5センチ程度です。家の前を雪かきをしているとちょうど通学時間帯で、自転車の中学生が何度も転んでいました。

 そのたびにバサッと大きな音がして驚きます。こけた中学生は何ともなかったようにまた自転車にまたがって行きました。

 あとから来た中学生同士が自転車を押しながらお喋りしていました。「おまえ、何回こけた」「三回」その会話に思わず笑ってしまいました。

1-DSC_4120.JPG
 地蔵堂の雪かきに行きました。雪かきと言っても箒でお参りに来る人の通り道を掃くだけです。カメラを持ってきていたのでそのまま神社に向かいました。

1-DSC_4121.JPG
 誰の足跡もない参道は真っ白で気持ち良いなぁと思いながら上がっていくと、鳥居のそばに背の高いIさんの姿がありました。

 やぁと久し振りの積雪のことなどを朝の挨拶代わりに交わしました。見るとIさんも手にカメラを持っています。実はIさんもブログをしていて、そのネタに雪景色を撮りに来たそうです。

 いつも営農などでご一緒するIさんは私より4歳上です。優しいお人柄でお喋りしていても年の差を感じさせません。Iさんがブログをしておられると知ったのは2年ほど前のことだったと思います。

 環境に優しい庭を自分で手作りされ、その庭はこの辺ではあまり見ない花や植物で賑わっています。Iさんのブログのテーマは自然だと思います。庭に植えられた花や木、果樹、そこに訪れる動物や虫、カエルや野鳥などに常に優しいまなざしが注がれています。

 ブログのペースは私と同じ月二回です。同じ地域に住んでいるのでたまに内容が被ります。以前一緒に田植えをしていて、見つけたケリの巣と卵の話題は見事に被りました。

 ただIさんのブログは私のように冗漫ではなく、簡潔にまとまっていて好感が持てるものです。訪れるとほっとします。

1-DSC_4129.JPG

1-DSC_4131.JPG
 二人でカメラを構えながら神社の境内に入っていきました。もちろんまだ誰の足跡もありません。水気の多い重い雪が木々の枝を垂れ下がらせて石橋の上にかかっています。

1-DSC_4154.JPG

1-DSC_4161.JPG

1-DSC_4174.JPG

1-DSC_4199.JPG
 二人で写真の難しさを嘆き合いながら、周囲の雪景色にシャッターを切りまくります。彼の手にはパナソニックのコンパクトなミラーレスカメラと、もう一台望遠レンズの着いたコンデジがありました。

1-DSC_4202.JPG
 一通り撮り終わって、駐車場に戻ると脇に赤い実をたくさん付けた木がありました。何の実か物知りのIさんにもわかりません。クローズアップしてみると、シャーベットをまぶした赤いお菓子のように見えます。

1-DSC_4219.JPG
 神社の駐車場で別れて私は街道を横切り田んぼに出ました。街道は凍結した雪が溶けてシャーベット状になり、そこを車たちが行き来していました。このあたりの車、今ではほとんどスタッドレスタイヤを履いています。


1-DSC_4233.JPG                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        遮る物のない田んぼは、風が冷たくて神社にいる時とは違った寒さがありました。しばらく待っていると遠くで踏切の音が聞こえてきたのでカメラを構えました。草津線が雪景色の中を走り抜けていきました。


 今日のSSonny Criss(ソニー・クリス)です。彼はビ・パップ時代に活躍したアルトサックス奏者です。曲は真冬の度最中ですがサマー・タイムです。アルトを気持ち良く吹いています。昔、チャーリー・パーカーの真似だと言われていると何かで読んだ気がします。聞き比べてみるとチャーリー・パーカーの方がもう少しスローでもの悲しく聞こえます。
 ちなみにこの曲、ピアノ演奏しているのは前回クール・ストラッティンのソニー・クラークです。



nice!(42)  コメント(22) 

nice! 42

コメント 22

(。・_・。)2k

神社の写真 神々しくて素敵ですねぇ
雪で光が綺麗に回ってるのかなぁ

by (。・_・。)2k (2022-01-28 22:13) 

yoko-minato

あまり積もることがない地とのことですが
あたり一面の雪景色でしたね。
雪は困りものではありますが世界が一変して
美しい景色を作ってはくれますね。
ご近所さんもブログをされていて一緒に
おしゃべりされながらパ・千‣リ(^^♪
最後に雪景色の中の電車が撮れたのはラッキーでしたね。

by yoko-minato (2022-01-29 06:11) 

夏炉冬扇

静かな雪景色。じんじゃに石仏があっていいですね。
Iさんとのお話、田舎はいいですね。
by 夏炉冬扇 (2022-01-29 07:35) 

きよたん

雪景色の神社も畑も線路も全ていつもの世界と
違う
冬って神秘的ですね 神様が隠れているみたい
by きよたん (2022-01-29 10:51) 

ぼんぼちぼちぼち

木にまとわりついている雪が、ほんとに花のように綺麗でやすね!
by ぼんぼちぼちぼち (2022-01-29 11:21) 

爛漫亭

 サマー・タイム、名曲ですね。
エラ&ルイで時々、聴きます。
by 爛漫亭 (2022-01-29 13:50) 

そらへい

2kさん
こんにちは

雪の設定何かあったなぁと思いながらも思い出せず
とりあえず撮って見ました。
対象が補ってくれる事もありますね。

by そらへい (2022-01-29 14:17) 

そらへい

yoko-minatoさん
こんにちは

子供の頃はよく雪が降って、
小学校の坂で橇遊びをしたりしました。
最近、とくにここ数年はめっきり降らなくなりました。
今年からまた流れが変わって、しばらく雪の降る冬が続くかも知れません。
凍結が多いので、この辺の人は皆スタッドレスタイヤを履いています。
久しぶりの積雪だったので、子供みたいにカメラを持ち出しました。
多分、Iさんも同じ思いだったと思います。
by そらへい (2022-01-29 14:26) 

そらへい

夏炉冬扇さん
こんにちは

雪はいつも見慣れた景色を一変させてくれますね。
雪国と違って、この程度の雪なら生活にも支障を来しません。
旧来からの田舎なので、趣味の同士の方に会えるのは
珍しいです。
by そらへい (2022-01-29 14:30) 

そらへい

きよたんさん
こんにちは

雪の前は風が強くて寒いですが
雪が降ると寒さも収って周りは静かになります。
久しぶりの積雪だったので、子供のように嬉しくなってしまいました。
近くの小学校の校庭は、雪で遊ぶ子供たちでいっぱいでした。
by そらへい (2022-01-29 14:33) 

そらへい

ぼんぼちぼちぼちさん
こんにちは

ブログにはアップしませんでしたが、
木の枝に綿のように白い雪がまとわり覆っている写真があります。
本当に白い花が咲いたようでした。
by そらへい (2022-01-29 14:35) 

そらへい

爛漫亭さん
こんにちは

サマータイム、私のお気に入りの一曲でこのブログでも何度もアップしている気がします。
エラ&ルイ、名盤ですね。私も時々聞きます。
by そらへい (2022-01-29 14:38) 

ゆうのすけ

一枚目の画像の雪と青空のコントラストが素敵ですね。
寒さも伝わってくるんですが なんとも言えない清々しさが
より伝わって来て しばらく眺めていたいな~と。^^☆彡
by ゆうのすけ (2022-01-29 19:20) 

sigedonn

美しい雪景色です。
日本の冬!これくらいで十分です。

by sigedonn (2022-01-30 00:04) 

そらへい

ゆうのすけさん
こんばんは

このときだけ陽が当たって、木にまといついた雪が
キラキラ光って綺麗でした。
こういうときは、子供のように寒さを忘れて写真を撮るものですね。
田んぼは寒かったですが。
by そらへい (2022-01-30 19:57) 

そらへい

sigedonnさん
こんばんは

そちらですと、11月か12月初めくらいの雪なんでしょうね。
こちらはしかもすぐに溶けてしまいました。
こちらでは珍しい雪も、北海道では白い悪魔のように
毎日降り続いているのでしょうね。

by そらへい (2022-01-30 19:59) 

しばちゃん2cv

泣きのアルトですね。
このジャケットが好きです。
by しばちゃん2cv (2022-01-30 21:35) 

そらへい

しばちゃん2cvさん
こんばんは

初めて聞いたときは印象強かったです。
ジャケット、前回のクールストラッティンの路線を引き継いでますね。

by そらへい (2022-01-31 19:24) 

たいへー

誰も通っていない雪道に足跡を付けるのが好きです。^^
でも、野良猫には負けますね。
by たいへー (2022-02-02 06:05) 

そらへい

たいへーさん
こんばんは

せっかくの雪道に車のあとなどが付いているとちょっと興ざめです。
逆にまっさらな雪道を踏んでいくのは少し申し訳ない気もします。
猫ではなく、鹿の足跡が連なっていたりすることもあります。
by そらへい (2022-02-02 19:40) 

ken

やはり滋賀県は雪がすごいですね!こちらは京都でも長岡京なので
雪がふっても積もるほどではありません、今年は雪には悩まされそうも
ないようです。
by ken (2022-02-11 07:25) 

そらへい

kenさん
こんばんは

テレビの天気予報通りだと今年はもう3.4回ほど積雪があった勘定ですが、幸い当地はこの日だけでした。同じ滋賀でも北部、彦根以北は記録的な大雪だったようです。
by そらへい (2022-02-13 20:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。