SSブログ

リベンジ、ダイアナ・クラール [音楽]

1-img240.jpg

 ダイアナ・クラール、三年ぶりの来日コンサートに行ってきました。前回、2016年のコンサートも行ったのですが、その詳細はこちらです。

 前回の会場はグランキューブ大阪でした。縦に細長い客席で私の席は後ろから数えて数列目という悪条件でした。おまけにその日のダイアナ・クラールは風邪気味で歌の途中で咳が出てしまうくらい調子が悪かったのです。

1-IMG_20191113_175232.jpg

 東京、石川、広島と渡って大阪公演はツアー最終日でした。会場は中之島にあるフェスティバルホールです。場所に文句はありません。ダイアナもトークでビューティフルホールと2度言っていたような気がします。

 しかも今回の私の席は前から8列目と言う好位置でした。ステージに向かってやや右寄りでしたが、前席の客の後ろ姿を一切気にすることなくピアノを弾きながら歌うダイアナ・クラールをほぼ正面に見ることが出来ました。

1-IMG_20191113_184019.jpg

 写真撮影は禁止ですが、公演が始まる前ならとスマホのカメラで急いで撮りました。それでも前に立っているスタッフに中止されている人がいました。

 開演前のステージではドラムの横でアンソニー・ウィルソンがギターのチューニングをしていました。残念ながら遠いのと暗いのとスマホのカメラのせいでピンボケです。

 開演10分ほど遅れてバンドのメンバーが登場、一番最後にダイアナ・クラールです。前回では、スラックスとカジュアルなファッションだったダイアナ・クラール、今回は白地に赤い花柄があしらわれたドレスで登場、大柄な彼女をいっそう際立たせていました。

1-ダイアナ・クラール 20191113_191114_0003_0.jpg ピアノの前に腰掛けたダイアナ・クラールは長い髪をやや神経質に何度かかき上げて演奏を始めました。低く伸びのある声が放たれた時、一聴しただけで前回とは全然違うのがわかりました。

 これが本来のダイアナ・クラールの声なんだと思いました。しかも会場はフェスティバルホール、私の席は前から8番目、悪いはずがありません。前回のリベンジを期すかのようにダイアナ・クラールの太く低い声が朗々と会場に響き渡っていました。

 前回もギターはアンソニー・ウィルソンでした。テクニックもあって味わいのあるギタリストですね。ベースは、ウィントン・マリサリスなどとも共演したことがあるベテランのロバート・ハースト、久し振りにジャズベースを聞いた気がしました。たくましいソロを聴かせてくれたドラマーは三年前と同じカリーム・リギンスです。

 今回は声の調子がよいせいか、じっくり聴かせるバラードが多く、素晴らしかったですね。実力を存分に発揮していました。その歌唱に凄みを感じるほどでした。油が乗りきっていると言う印象です。

 前回ではピアノを離れて一人ステージ中央で歌うシーンもありましたが、今回はピアノから離れず歌う時はピアノの上のマイクを引き寄せ、ピアノ演奏に入るときはマイクを離していました。

1-img241.jpg また、バックが参加せずダイアナ・クラールの歌とピアノだけの曲は今回一曲だけでした。曲名がわかりませんでしたがバラードで、情感の籠もった迫力ある歌い振りは見事、背筋にぞっくと来る瞬間がありました。 

 演奏された曲、聞いたことがあるかなと思える曲が数曲でした。ネット情報では他の会場でCry Me A Riverを歌ったそうですが、大阪会場では聞くことが出来なかったのは残念でした。

 アンコールの曲を除くと曲名がわかったのは「レッツ・フォーリン・ラブ」だけでした。曲の間に彼女がするトークはわずかな単語しか聞き取れず、ナット・キング・コールと言ったことがあったのでおそらく彼にちなんだ曲を歌ったのだと思います。 

 今回は前回よりジャズっていたように感じたのは、編成がクインテットだったせいもあるかも知れません。ダイアナのピアノとボーカル、そしてアンソニー・ウィルソンのギターソロ、ボーイングまで披露したベースソロとドラムソロ、4人の絶妙な間合いと掛け合い、ダイアナを中心にしたクインテットが心地良い緊張感の中で魅力を発揮いていたように思います。


 アンコールは2曲、CDでもよく聞くことがある「ザ・ルック・オブ・ラブ」とジャズのスタンダード「ス・ワンダフル」でした。

 終始万雷の拍手と大歓声でした。最後にステージで彼女を中心にクインテットが並んで挨拶をするとたくさんの花束が持ち寄られました。その間隙を縫って写真を撮っている人がいて、私もスマホを持ち出したのですが馬鹿正直に電源を切っていたのでチャンスを逃してしまいました。

1-ダイアナ・クラール 20191113_191114_0001.jpg

 演奏の興奮が終わって帰り支度を始めている観客、ステージ上ではスタッフが後片付けを始めています。満足感と心地良い疲労感に抱かれながら帰り道に着きました。

1-IMG_20191113_182640_BURST001_COVER.jpg



 今日はの項目を無視して、やはりDiana Krallです。曲はアンコールでも演奏されたLook Of Love



nice!(40)  コメント(20) 
共通テーマ:音楽

nice! 40

コメント 20

ぼんぼちぼちぼち

良いお席も取れて最高のステージを堪能できて、充実のひとときでやしたね。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-12-06 13:16) 

yoko-minato

良い時間を過ごされましたね。
コンサートホールで、しかも良いお席で
実際に歌声を聞きながらその会場にいらした
幸せ感は伝わってきます。
ダイアナ・クラールさん。
知らなかったのですがその歌声聞いてみたいです。
by yoko-minato (2019-12-06 17:24) 

きよたん

きれいな人です
すごく素敵 聴き惚れてしまいました
この人のピアノとヴォーカルとセクシーな歌い方
お酒を飲みながら聞いていたいです。
by きよたん (2019-12-06 17:28) 

takenoko

フェスティバルホールの赤じゅうたん。いいですね~
by takenoko (2019-12-06 20:29) 

そらへい

ぼんぼちぼちぼちさん
こんばんは

前回はひどい席でしたが、今回は今までいちばんの席でした。
いろんな意味で私にとっては最高のコンサートになりました。
by そらへい (2019-12-06 20:39) 

そらへい

yoko-minatoさん
こんばんは

何ヶ月も前にチケット入手して楽しみにしていたコンサートでした。席も良いのはわかっていましたが、実際座ってみると予想以上でした。
ダイアナ・クラールさんの調子も良くて、豪華な夜を堪能できました。コンサートは一夜限り、あとには思い出が残りました。
by そらへい (2019-12-06 20:47) 

そらへい

きよたんさん
こんばんは

カナダ出身です。大柄な女性でバンドメンバーと並んでも引けを取りません。ややハスキーで、この夜は前回わからなかった声量感を十分感じました。
前回の時は、遠かったのであとでYouTubeのコンサート映像で再体験しましたが、今回はステージを堪能できたので帰ってからは、CDやアマゾンミュージックでその声をまた楽しんでいます。
by そらへい (2019-12-06 20:53) 

そらへい

takenokoさん
こんばんは

コンサート会場に上がっていく広い赤絨毯の階段、これから始まるコンサートの夜の気分を盛り上げるのには最高です。
by そらへい (2019-12-06 20:54) 

いっぷく

生はいいですね。
デジタルは音のキレはいいのですが、やっぱり直に聴くのにはかないません。
by いっぷく (2019-12-07 05:30) 

ローリングウエスト

ダイアナ・クラールって初めて知りましたが、グラミー賞&ジュノー賞を獲得し、 8作品が全米ジャズ・チャートNO.1を誇る「ジャズ・ヴォーカル&ピアノの女王」なんですね。目の鋭さもなかなかの美人です。
by ローリングウエスト (2019-12-07 15:10) 

ケンタパパ

まさに至福の時を過ごされたコンサートだったのですね。

私はジャズを聴くときは、大抵お酒を飲みながらですが、このようなボーカルを生で聴いて酔いしれてみたいものです。

by ケンタパパ (2019-12-07 20:11) 

そらへい

いっぷくさん
こんばんは

やはり生のコンサートは、実際に歌ったり演奏したりしている人と
間近に触れ合えますし、音の柔らかさ暖かさのような物が伝わって来ますね。
by そらへい (2019-12-08 20:03) 

そらへい

ローリングウエストさん
こんばんは

私も前回のコンサートに行くまで知らないアーチストでした。
それまでジャズボーカルというとエラやサラボーンなど古い人しか知らなくて、新しいジャズボーカリストがどんどん出てきているのだと認識しました。その中でもダイアナ・クラールはちょっと別格、人気もなかなかのものです。
by そらへい (2019-12-08 20:05) 

そらへい

ケンタパパさん
こんばんは

コンサートで聴く音楽は一瞬なのですが、何物にも代えがたい
一瞬だったと思います。
お酒を飲んで聴くには、もう少し狭いクラブなどで聴けたら最高です。
この日は、途中まで車を利用していたのでお酒は飲めませんでしたが
飲まなくてもその歌と演奏に酔えた気がします。
by そらへい (2019-12-08 20:09) 

たいへー

今でも酔っているのでしょうね。^^
by たいへー (2019-12-11 15:20) 

そらへい

たいへーさん
こんばんは

CDやアマゾンミュージック、YouTubeでダイアナ・クラールを
追体験して楽しんでます。
by そらへい (2019-12-13 20:03) 

しばちゃん2cv

前回から三年も経つんですね。
前回の記事、なんとなく覚えています
by しばちゃん2cv (2019-12-15 21:52) 

そらへい

しばちゃん2cvさん
こんばんは

私はまだ三年しか経っていなかったのかと言う印象です。
同時にコンサート通いを復活させてから三年しか経っていない
と言うことで、まだまだですね。
by そらへい (2019-12-16 20:14) 

ローリングウエスト

実に優雅な日を過ごされましたね~!いい音楽は心癒されます。今年ももうあと10日、早いものですね~!ここ数日、暖かくなったり寒くなったり気温変化は激しくて体調を崩しそうですが、お互いに風邪を引かず健康に年越しをしたいものです。
by ローリングウエスト (2019-12-21 09:53) 

そらへい

ローリングウエストさん
こんにちは

12月も初めの頃は寒かったですが、ここへ来て比較的暖かい日が多い気がします。しかし、暖かいと言っても冬に違いはありません。朝晩の寒さは堪えますね。
これからどんどん寒くなっていくことに間違いはありません。
ローリングウエストさんもお身体に気をつけられますように。
by そらへい (2019-12-22 11:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。