SSブログ

お出かけの続きはグレン・ミラーオーケストラ [音楽]

 1月も下旬に入ったというのに今日は去年の11月の話です。前々回でしたか大津へお出かけしたときの続きがそのままになっていました。

1-IMG_20191124_140520-001.jpg
 11月24日の日曜日、大津市民会館へグレン・ミラーオーケストラを聞きに行ってきました。11月はダイアナ・クラールのコンサートに行ったばかりだったのでずいぶん迷いました。公演一週間ほど前にチケット状況を見たら、ちょうど真ん中の席がひとつだけ空いていたので思い切って申し込みました。

1-1-DSC_1617-001.JPG
 大津市民会館はフェスティバルホールなどと比べると地味で建物もずいぶんくたびれて見えます。おそらく入るのは初めてと思うのですが、ひょっとしたら高校生の頃、学校の催しなどで来ていたかも知れません。

 コンサートとは別の市民の催しなどもあるせいか、日曜日の午後の市民会館の狭い入り口ロビーは高齢者でごった返していました。

1-IMG_20191124_140600-001.jpg
 ホールは入り口を入って右手の階段を上がります。その前に左手にあるトイレで用を足しておこうとそちらに向かう途中、見たことがある彫塑があって思わず見上げました。高校時代お世話になったY先生の作品でした。

 私はその頃美術部に属していて同じ彫塑をY先生から学んでいました。この作品は私が美術部に属していたときに先生が制作されていたのでよく覚えています。モデルは同じ美術部のI先輩でした。もうお二人とも亡くなってしまいました。

1-IMG_20191124_141505-001.jpg
 ホールは客席1300ほどのこじんまりしたものでした。椅子もかなりくたびれていてお尻が痛くなりそうなものでした。

 入り口の混雑からして会場は高齢者が多いように思いました。しかし席に座って見回してみると案外若い方たちの姿もありました。私の席の両側も20歳代の男性でした。

 14時半、さて始まりです。右手から制服姿の楽団員が並んで出場してきました。あれ、制服は揃っているけれど小さいなと思っていると、なんと彼らは小学生のブラスバンドでした。

 グレン・ミラーオーケストラの公演に先立って、地元の小学生と大人のブラスバンドの演奏が30分もありました。都会の立派なホールではなく、地方の小さな会場で催されるコンサートです。GMOが地元ブラスバンドへの支援などでこういうことがあるんでしょうね。

 従って開演前に撮ったお決まりのステージの写真は、アマチュアバンドのステージのものでした。演奏の最後は大人と子供の混成ブラスバンドにグレン・ミラー楽団員が三名加わって「ムーンナイト・セレナーデ」が演奏されました。

 彼らの演奏が終わってしばらく休憩がありました。幕の向こうではステージ準備の音がしていました。午後3時、いよいよ待ちに待ったグレン・ミラー楽団のステージ開幕です。

1-img244.jpg
 (実際に写真は撮れないので、写真はパンフレットから拝借しました)

 幕が上がると背景は鮮やかなブルーにGMOのマークが浮かび上がって、それまでのアマチュアバンドの地味なステージとは対象的な華やかさでした。

 ブルーの背景に金色のGMOのマークがきらめいている様子がMG映画のオープニングに似ていたせいか、近くの女性から映画見たいと言う声が上がってました。

 楽団員の制服ジャケットは写真と違って落ち着いたブルーだったと思います。オープニングはもちろん「ムーンライトセレナーデ」です。誰もが知っているこの曲、聴いただけで浮き立ってくるものがあります。

 中央一人スーツ姿の男性はニック・ヒルシャーです。テンポの良い指揮と司会進行で、「タキーシード・ジャンクション」などおなじみの曲が次々と演奏されていきます。

 テナーやトランペット、トロンボーン奏者がステージ中央に出て来てソロを取ります。ビッグバンドおなじみの風景、そのたびにニックがメンバー紹介します。

 この人は指揮とメンバー紹介、司会をする人だと思っていたら、なんと4曲目「ディス・タイム・ザ・ドリームズ・オン・ミー」で突然歌い出したので驚きました。それがまた低いけれどよく通る声でテンポも良いのです。

1-img246.jpg
 彼は時々日本語を交えて司会をしていました。日本語が出来ると言うより丸暗記の日本語でしたがサービス精神は旺盛です。しかし、それ以外はもの凄い早口の英語でした。それがまた音楽にマッチしてとてもかっこよかったのです。

 その後、「ノーバディ・エルス・バット・ミー」で今度は女性ボーカリストのが左袖から登場しました。背が高くて綺麗な人でした。

1-img247.jpg 
 声もよく出ていてビッグバンドに負けていませんでしたね。ただ高くよく伸びる声を強調しすぎる歌い方は最後の方ではちょっと退屈してしまいました。


 私は若い頃はピアノトリオやカルテット、クインテットと言った小編成のモダンジャズからジャズに入ったので、ビッグバンド中心のスウィングジャズはあまり聴いていませんでした。

 と言うか、その頃ジャズを聴くのはジャズ喫茶で沈思黙考して聞くような哲学的?スタイルが流行っていました。スイングジャズなどエンタテインメント色濃いジャズは邪道という雰囲気が少なくとも私の中にはありました。

 それでもカウント・ベイシーやアール・ハインズ、メル・ルイス&サド・ジョーンズオーケストラが来日した時は聞きに行っていました。それぞれ楽しく素晴らしい公演だったのですが、本当の楽しさを知らなかった気がします。エンタテインメント色濃いジャズというフィルターが邪魔していたのだと思います。

 それが数年前、京都北山で開かれたアロージャズという日本のビッグバンドのコンサートに行って、その時ゲスト出演していたスェーデンのトランペッター、ペーター・アスプルンドの影響などもあって、ビッグバンドの楽しさをはじめて知ったような気がしました。

1-img245.jpg

 グレン・ミラーオーケストラはもちろんかの有名トロンボーン奏者、作曲家兼指揮者のグレン・ミラーが創設した楽団です。グレン・ミラーは戦時中に飛行機で行方不明になっているので今の楽団はその意志を継いでその頃のヒット曲を再演している楽団になります。

 そのため演奏スタイルも洗練されていて隙の無い完成されたものです。演奏中トランペットやテナー、トロンボーンのソロが挟まれますがモダンジャズファンとしては短すぎて物足りないくらいです。

 また、このバンドではピアノとベースにソロ演奏はなくて、終始リズム楽器に徹していたのが印象的でした。ビッグバンドならではだと思います。

 トロンボーンやトランペットのセクションがいっせいに立ち上がって演奏する姿はいつ見てもかっこいいものです。ときおり帽子のような形の消音器を操作してユーモアを交えます。

 パンフレットにはグループボーカル:ムーンナイト・セレナーダーと記されていますが別にそういう名前のグループが参加したわけではありません。テナーやトランペットやトロンボーンの奏者が前に出てきてコーラスに参加していました。

 ビッグバンド演奏は理屈抜きに楽しめるところがいいですね。快適なテンポ、いっせいに奏でられるホーン楽器の大音量、こちらの気分を否応にも盛り上げてくれます。多少鬱屈した気分で行ってもすっきりした気分にしてくれる気がします。

1-img242.jpg
 グレン・ミラーオーケストラ、毎年来日していて今年も来日が決っているようです。

 最後の方で「イン・ザ・ムード」が演奏されると、何か応援歌を聴いているような気分の高揚を覚えてしまいました。

 地元のブラスバンドの演奏などがあったり、通常の公演より長い休憩時間があったりで14時半に始まった公演が終わったのは17時半でした。3時間、案の定お尻が痛くなりました。

 冬至までまだ一月近くあると言うのに外はもう真っ暗でした。帰りは京阪島ノ関駅を利用しないで、大津駅までの坂道を歩きました。広く静かな舗道に店の明かりがほとんどありません。歩いているのは同じコンサートの帰り客ばかりでした。 

 


nice!(43)  コメント(18) 

小正月も過ぎて [野鳥]

 毎年のことながら、年末から年始にかけての時の経過の速さには驚かされます。いつの間にかもう小正月さえも過ぎてしまいました。

 そして今年の冬の暖かさにも驚かされます。正月気分が今ひとつ盛り上がらなかったのもその辺に理由があるのかも知れません。

 一昨日のNHKのニュースでは、普段は50センチ以上積もる札幌で9センチ、青森で5センチの積雪だそうです。秋田、山形、島根では積雪ゼロだそうです。

 朝から晴れた休日、早朝に野鳥を撮りに行こうと思っていましたが寝坊してしまい、カメラを持って慌てて家を出た頃は9時を過ぎていました。

1-DSC_2131.JPG
 まずはご近所のロウバイに挨拶のシャッターを

1-DSC_2138.JPG
 朝の厳しい霜はほとんど溶けていましたが、影にはまだ霜が残っていました。

1-DSC_2143.JPG

1-DSC_2147.JPG
 野鳥の声を求めて天井川の土手を歩きました。このあたりは旧河川が取り壊されて天井川が平地化されたところです。今まで見たことが無い景色が新鮮でした。

1-DSC_2149.JPG
 天井川に掛かる旧道のトンネル、明治期に作られたもので石組のトンネルとしては二番目に古いそうです。一番古くないので取り壊しの噂がずいぶん前から出ています。

1-DSC_2153.JPG

1-DSC_2157.JPG
 一本木の上でホオジロらしい声がしていましたが遠すぎて撮れません。

1-DSC_2166.JPG

1-DSC_2175.JPG
 愛宕さん、火の神様で当地近辺にはあちこちにあります。

1-DSC_2183.JPG

1-DSC_2188.JPG

1-DSC_2189.JPG
 天井川です。雨がないと普段水は流れていません。

1-DSC_2204.JPG
 天井川の土手を川上にむかって歩いて行くと氏神様の境内に出ます。

1-DSC_2209.JPG
 正月の飾りが残っていますが今は人気がありません。

1-DSC_2214.JPG
 拝殿、ここで正月3日に新年祭が開かれ厄年の方々がお祓いを受けます。

1-DSC_2217.JPG
 かなり古い灯籠で市の文化財に指定されています。丸い穴の空いた火袋という部分だけが後世に作り直されたものだそうです。

1-DSC_2235.JPG
 なんとかぎりぎり、エナガです。近くでウグイスの地鳴きがしきりにしていたので追っかけたのですが、肉眼では捉えられるのになかなかファインダーの中にとどまってくれません。

1-DSC_2285.JPG
 山の神様です。ここで正月のしめ縄などを燃やすのですが、最近は皆さん神社やお寺で燃やすのであまり使われていないようです。

1-DSC_2289.JPG
 天井川に掛かる橋の上から

1-DSC_2297.JPG
 ホオジロです。

 鳥好きの方に聞くと今年は暖冬のせいか野鳥が少ないそうです。よく見かけるジョウビタキ、カシラダカ、アオジなどを見かけません。

1-DSC_2332.JPG
 天井川に掛かる橋から川上の方向です。山を下って来た水がここで川となって流れるのですがほとんど隅っこに細い筋を作るだけです。河床は水のように一面枯れススキの群生で覆われています。

1-DSC_2294.JPG
 ソヨゴ?

 結局この日の成果はエナガとホオジロだけという情けない結果に終わってしまいました。帰り道は首からぶら下げたカメラがやたら重く感じられました。

1-DSC_2337.JPG
 鳥のように見えるのは、たった一個残ったカリンの実です。

1-DSC_2348.JPG
 ご近所のスイセン、我が家の庭のスイセンはまだ咲きそうにありません。


 今日からジャズミュージシャンの頭文字をMに移ることにします。Mの代表選手はなんと言ってもMiles Davis(マイルス・デイヴィス)です。曲は少し早いですがMy Funny Valentine
 アルバムCOOKIN’のマイルスとレッド・ガーランドの演奏も捨てがたいのですが、今日はライブ盤です。スタジオ録音のクールさに比べてマイルス・デイヴィスのトランペットはドラマチックです。



nice!(37)  コメント(16) 

2020年 元旦 [日々]

1-DSC_1478.JPG

 新年明けましておめでとうございます。


 去年は後半から暮れにかけてバタバタした日を送ってしまいました。これではとても正月という気分になれないと思っていましたが、一夜明けてお雑煮を喚ばれ、スーツに着替えてお寺にお参り、近所の親戚に年始の挨拶に回ったりすると、ああ今年も正月が来たんだなと思えます。

 昨夜はほんの少しだけ一年を振り返ってみました。印象的な出来事の多くはどうしても後半に偏りがちでした。一年間いろいろな事がありましたが、総じて健康で自分の身には過ぎた幸せな一年だったような気がしています。

 今年もいろいろなことがあると思いますが、健康で生き生きした気分で暮らせる一年でありたいと願っています。

 仕事か忙しくブログが滞りがちですが、それにもかかわらずお付き合いいただいて本当にありがとうございます。今年もまた変わり映えのしないブログになると思いますが、引き続きよろしくお願いいたします。

 皆様にとっても今年が素敵な一年でありますようにお祈り申し上げます。

 

nice!(45)  コメント(39)