SSブログ

メリー・クリスマス2020 [日々]

1-0798B.jpg

 金曜日がクリスマスと重なりました。コロナ禍の中、皆さんどのようなクリスマスをお過ごしでしょうか。我が家は老夫婦二人の味も素っ気も無いクリスマスです。

 かつてはクリスマスの日を楽しみにしていた子供たちも大きくなりそれぞれの家庭を持って、今はかつての私たちと同じようにサンタ稼業にいそしんでいると思います。親も子も一番楽しい時期ですね。

 25日は年賀状の元旦配達受付最終日でもあります。早くから妻に準備するように言われていたのですが、間際にならないとなかなか尻に火が付かない性格、何とか今日ギリギリに仕上げて投函することが出来ました。

 年賀状ソフトで気に入った画像を選んで印刷するだけです。宛名も印刷ソフトでするとあっという間なのですが、何年か前から宛名だけは手書きをしているので少し手間が掛かります。

 はじめのうちは大胆にも筆ペンでしていましたが、あまりの下手さに恥ずかしくなり最近では万年筆を利用するようにしています。下手には違いないのですが、筆ペンよりはましかなと思って。

1-1467J.jpg

 裏面、画像の余白に一筆入れます。毎年文面に困って「今年もよろしく」などとなってしまいがちなのですが、今年は定年することを報告しました。

 報告しながら感慨深いものがありました。と言うのも以前の会社では定年を迎えることが出来なかったからです。50歳過ぎた頃倒産してしまいました。

 それから約17年ほど、第二の職場で定年を迎える歳になり、無事世間様に報告出来るようになったことに喜びと面はゆさを感じます。そして一抹の寂しさのようなものが残りました。

 皆さんは、年賀状もう出されましたか。一切されていない方もあるでしょうし、高齢になってきたので今年限りというお知らせをここ数年いただくようになりました。また若い人は、電子メールやLINEなどですましておられる方もあるでしょうね。

 遠くの古い友人もいつの間にか、年賀状でしか交流しなくなってしまいました。時折手紙を出したくなる事があります。来年こそは年賀状だけではなく手紙を出してみたいと思っています。

 クリスマスなのに、今日が年賀状の締め切り日とかさなっていたので年賀状の話になってしまいました。音楽はダイアナ・クラールのジングルベルでクリスマスに戻します。



nice!(40)  コメント(18) 

初冬のモズ [日々]

 12月も中旬になり今年もあと20日ほどになりました。暖かかった今年の冬の初めも、数日前から霜が降りるようになっていよいよ冬らしくなってきました。

 昨日の朝はとくに厳しい霜でした。それから霧が出てやがて朝日が昇ってきました。そんな日は日中はぽかぽかした陽気になります。短い冬の日が暮れるまでの間ですが和みます。

 コロナ禍でなくても、どこへも出かけないそらへいはコロナ禍でますますどこへも出かけなくなってしまいました。12月初めの暖かい日、またいつものようにぐるっと家の周りをカメラを持って歩いた記録です。

1-DSC_8445.JPG
モズです。初秋にやってきていましたが、いつもお隣のアンテナの上で啼くのに、今年は奥の雑木林からなかなか出てきませんでした。この日、歩いていたらすぐ近くの道ばたのフェンスに止まっていたので驚きました。例によって尻尾をぐるぐる回していました。

1-DSC_8450.JPG 

1-DSC_8475.JPG

1-DSC_8482.JPG

1-DSC_8484.JPG
 廃屋のそばでひときわ賑わいを際立たせていました。

1-DSC_8603.JPG メジロです。シジュウカラもいましたが、どちらもなかなか明るいところに出てきてくれませんでした。

1-DSC_8633.JPG フウセンカズラのあと

1-DSC_8636.JPG こんなところにも秋のなごりがありました。

 冬の進行に伴って、コロナの勢いが増しています。最前線で戦っておられる医療従事者たちのご苦労を思います。地域によっては医療崩壊寸前のところもあるそうですし、とうとう自衛隊が派遣された地域もあります。もはや災害ですね。

 暢気な方々もいるようですが、もし感染してしまったら重症化したり後遺症に見舞われたりする可能性が誰にもあると思います。高齢者としては君子危うきに近寄らずと思っていますが、仕事や日常生活までは止めるわけにもいきません。

 よく考えるとコロナが流行しだしてから迎える初めての冬です。そしてこの勢いです。何とかこれ以上拡大しないでこの冬を乗り越えてほしいものです。
 


 今夜のPPeter Asplund(ピーター・アスプランド)です。北欧のトランペッターですが歌も歌います。数年前大阪のビッグバンドのコンサートに行ったとき、ゲストとして登場、その溌剌とした吹きっぷりと声量豊かな歌にすっかり魅了されて、あとからCDまで購入してしまいました。少し早いクリスマスソングをどうぞ。



nice!(42)  コメント(14)